スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

b1
xva本当にネットで稼げるようになるのか?やってようと思う
xvb検索エンジン 登録ASSISTANT
xvchttp://www.ncm.ne.jp/omocha/1vibe/

第1章 OWを取りにタオ島へ

ポチっとご協力を にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ

ブッダビューの前に広がるビーチタオ島4月

4月10日この日が初めてタオ島に上陸した日だ。バンコクからバス、船、タクシー(この島ではピックアップがタクシーである。)と乗り継ぎ約10時間の行程でブッダビューに到着、この時迎えてくれたのがミカちゃん(今は卒業して日本在住)であった。手続きを済ませて明日から始まる学科講習のテキストを渡せれて近くの宿で暫し休息。何故タオ島に行く事になったかはまた後日談として、
翌朝、7時20分集合時間に合わせてショップへファンダイブ(この時はファンダイブとは何ぞや?笑。)へ行く人たちを横目に説明が始まるのを待つ。
午前のファンダイブチームが出発するとインストラクターのヤッちゃんが自己紹介を始めこれからの予定など説明があった。あちゃ~海に潜るのに勉強かよ。と勉強嫌いの俺は不機嫌になるがこれをやらなければ海に潜れないと言い聞かせ8時から2階へ上がり学科講習が始まった。この時は俺ともう一人が受講した。先ずは1時間ほどのDVDからである。それが終わるとテキストを使いながらの学習、窒素だとか水面休憩時間だとか数学まである。これが午前、午後と続き夕方にテストを受けナントカ合格点をもらった。翌日からは午前中プール講習(プールで器材の付け方やマスクの水抜きなど基本を習う)午後からは海に出て講習である。やっと海に潜れると不安と期待が交差する。

4月12日、午前中のプール講習。初めて装着するウエットスーツ、ウェイト、器材、タンク、、、、重い!こんなに装着して潜るのか?とこれが全装備を装着した時の感想である。
プールに入り初口呼吸、レギュレターから吸ってそのまま吐くとボコボコと泡が上ってゆく鼻はマスクの中で鼻から息を吐いたとたんに水が入ってくるのである。陸上では殆どやらない口呼吸法。ここで基本的な器材の使用法、安全確認などを教わる。泳ぎ方も教わるが水面での泳ぎ方とは違うので中々難しい。ヤッちゃんの指導のもとなんとか午前中で終了し、昼食休憩の後いよいよ海へ。この日セイルロックというポイントに行っていたいたチームはなんとジンベイザメと遭遇していたのである。だがこの時、ジンベイザメがどんなものなのか知らない俺であった。
自分の器材を確認し肩に担いでピックアップタクシーへ乗り込みダイビングボートの待つ港へ着き器材を担いでボートに乗り込むとタンクに器材をセットする事から始まる。午前中に講習を受けたのだがちょっと疑心難儀ながらセットをし始めると横にいるヤッちゃんの目が光っているのが分かる。何とかセッティングが終わり2階層になっているボートの2階でポイントに着く30分位の間にブリーフィング、スキル課題だとかの説明を受けてるうちにポイントへ下に下りてタンクを背負いいよいよ海中へ、
マスク、レギュレターを咥えボートのヘリに立つ、2m以上はある水面に向かって第一歩を踏み出すとドボーンと水しぶきとともに海中にレギュレターから空気を吸い吐く、海面に浮かぶとBCDってのにタンクの空気を注入して浮き袋状態にしてプカプカと水面を漂う、先に入ってブイの方向にいるヤッちゃんの方へとフィンをかく、もう一人の受講生も飛び込み3人がロープに捕まり、”潜行”の合図の元BCDの空気を抜きながら海中へと沈んでいく2,3mも沈むと耳がツーんとなり鼻を摘んで耳抜きをする事数回、12mの海底が見えてくる。何度となくヤッちゃんからのOKの確認サインが繰り返されるその度に指でOKのサインを送り返す。初体験海中の様子なんか全然覚えていない!息をするのが精一杯である。唯一覚えているのは浮上時の安全停止中に立ち上る泡の綺麗だった事くらいである。ここでスキル課題をこなしあっという間の43分間のダイビングが終了。記念すべき初ダイビングはホワイトロックというポイントであった。
画像 008-S
記念すべき1本目終了後ボートの上で休息する。この時左の彼はこれから起こる事はまだ知らない。

続いて2本目のポイント、ツインズへ移動する。1時間ちょっとボートの上で休息してまた海中へここでも2,3のスキルチェックがあった。ここではちょっとしたハプニングが海中での移動中にもう一人の受講者が浮上してしまったのである。ヤッちゃんは困ったような呆れたような表情をしながら彼を追って海面へ俺はこの時DM講習に来ていたシンちゃんと2人きりで海底に置いてきぼりにされる。回りをグルグルと眺め回すちょっと不安もあったけどじっくりと海を見る事が出来た。
待つこと10~15分彼を捕まえるようにして戻ってきたヤッちゃん、一安心でさらに海中講習が続きこのときも43分があっという間に過ぎ船上へ海面からはしごを上る時の疲労感が、、、、重たい、疲れた。が正直な感想である。器材を片付け2階へ行くと開口一番 ”すいませんでした。”とヤッちゃんが別にヤッちゃんが悪い訳ではなく、浮上した奴が悪いのである。
無事2本の海洋講習が終わり帰路に着く、ショップに帰るとログ(潜水記録)を付けお疲れ様となる。この日にされた注意点は海中での流線型がイマイチ&足、手が泳ぐ時に無駄な動きが多いと、、
夕食が終わって宿に帰ってから脱力感の中明日に備えてベッドの上で流線型を練習してから就寝。
いよいよOW講習最終日、それはまた次回で。

最後までお付き合い感謝、感謝!そこでポチっとお願いします。 にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ




b1
xva本当にネットで稼げるようになるのか?やってようと思う
xvb検索エンジン 登録ASSISTANT
xvchttp://www.ncm.ne.jp/omocha/1vibe/

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
PRサイト
プロフィール

クンテン

Author:クンテン

FC2カウンター
今日の天気
Find more about Weather in Bangkok (Don Mueang), TH
Click for weather forecast
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
バーナー
BLOGGERSへ ブログアクセスアップ まねキャット

FC2Blog Ranking

Translation(自動翻訳)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。